午後(月・火・水・金)の診療受付時間が6:30までとなりました。

事務局便り

5月に入りましてもう陽射しは夏そのもの…今年のゴールデンウィークは皆様ご自宅でお過ごしの時間が長くなっていることと思います。工夫して少しでもストレスを減らしたいものですね。

さて、ゴールデンウィークの休診日が決まりましたので、詳しくは下記の「クリニックからのお知らせ」や「診療日カレンダー」をご参照ください。また、当院は花粉症の診療もさせていただきます。この時期の花粉(ヒノキやイネ科など)でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご自宅での時間が増えるとつい食べ過ぎてしまうようです。また、5月とはいえまだ肌寒い日もあるかと思います。どうぞ体調を崩されませんようお気をつけください。

2020年5月

インフォメーション

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が疑われる方へ

3月6日より新型コロナウイルスのPCR検査が保険適用となりましたが、当院では検査を行っておりません。
新型コロナウイルス感染が疑われる場合は、各都道府県の「帰国者・接触者相談センター」へご連絡ください。
ご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合は、専門の「帰国者・接触者外来」を紹介されますので、受診を勧められた医療機関を受診してください。
厚生労働省より示されている相談・受診の目安は下記のとおりです。
少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください(これ らに該当しない場合の相談も可能です)。

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う 場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です)

・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です)

※相談は、帰国者・接触者相談センター(地域により名称が異なることがありま す。)の他、地域によっては、医師会や診療所等で相談を受け付けている場合もあ るので、ご活用ください。

(妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。

 (お子様をお持ちの方へ)小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センター やかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

※なお、この目安は皆様が相談・受診する目安です。これまで通り、検 査については医師が個別に判断します。

発熱・咳などの症状がある、強い倦怠感など疑わしい症状がある、海外への渡航歴があるなど、ご相談を希望される方は
・厚生労働省の電話相談窓口(0120-565-653)
・東京都の新型コロナウイルス感染症に関する一般相談窓口(0570-550571)
・大田区保健所(03-5744-1263)
までご連絡ください。

受付時間のお知らせ

平成27年6月から、午後(月・火・水・金)の診療受付は6:30までとなりました

当院ではスペイン語での診察が可能です

当院ではスペイン語での診察が可能です。
お気軽にご利用ください。
Spanish can be spoken.