午後(月・火・水・金)の診療受付時間が6:30までとなりました。

事務局便り

あけましておめでとうございます。昨年中は誠にお世話になりました。本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。
 
さて、お正月は体調が崩れ易くなるもの気の緩みもあると思います。暴飲暴食や夜更かしにはお互い気をつけたいものですね(笑)年明けは5日(金)から診察開始となります。詳しくは下記の「インフォメーション」や「診療日カレンダー」をご覧ください。
 
皆様のこの一年のご健康と、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

2018年1月

インフォメーション

~
 年末・年始休診日のお知らせ~


12月 28日(木) 午前診療(9~12時)
  29日(金) 休診
  30日(土) 休診
  31日(日) 休診
1月 1日(祝) 休診
  2日(火) 休診
  3日(水) 休診
  4日(木) 休診
  5日(金) 通常診療(9~12時、15~18時半)

★平成29年度高齢者インフルエンザ予防接種

1) 接種期間:平成29年10月1日(日)~平成30年1月31日(水)

2) 対象者:大田区に住民登録があり、平成29年12月31日現在、次のいずれかに該当する方となります(9月1日以降に大田区へ転入された方は電話で大田区保健所 5744-1263 へご請求してください)。

 

(1)  12月31日現在、65歳以上の方(接種日に65歳を過ぎていること)。

(2)12月31日現在、60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能の障害を有し、身体障害者手帳1級相当の方(接種日に60歳以上65歳未満であること)

 

※大田区に住民登録があることが条件となりますので、住所地特例を適用されている方は対象外となります。

※「平成29年度大田区高齢者インフルエンザ予防接種予診票」をお持ちの区民の方は1回のみ¥2.500円で接種することができます。尚、その予診票での実施期間は平成29年10月1日~平成30年1月31日までとなってございます。この期間を過ぎてしまうと、その予診票は使えなくなります。あらかじめご了承ください。

 ※生活保護受給者は、自己負担が免除となります。

※費用助成はお一人につき1回限りです。

★インフルエンザ予防接種を開始致しました。

 インフルエンザワクチンの製造株は近年のインフルエンザの流行状況等から厚生労働省により毎年決定されます。わが国では平成27年度より4価(4種類)ワクチンが導入されることとなりました。当院では、今年もご年齢にかかわらず1回¥3.500-(税込み)です。領収書が必要な方は受付にお申し出ください。

~平成29年度 大田区がん検診等のお知らせ~

★胃がん検診(自己負担金額 1,000円)

1)対象者
  区内在住の35歳以上の方(昭和58年3月31日以前に生まれた方)

2)実施期間
  平成29年7月1日~平成30年2月28日(休診日を除く)

 

※自己負担免除対象
1)75歳以上の方(要健康保険証等提示)
2)生活保護受給の方(要生活保護受給証明証(原本)提出)
3)中国残留邦人等支援給付受給中の方(要中国残留邦人等支援給付本人確認証提出、写し提出)

 

※当院の受入予定人数に達し次第、終了します。お早めにお受けください。


★肺がん検診(自己負担金額 500円+必要に応じて喀痰検査別途 500円)


1)対象者
  区内在住の40歳以上の方(昭和53年3月31日以前に生まれた方)


 

2)実施期間
  平成29年7月1日~平成30年2月28日(休診日を除く)
  

 

※自己負担免除対象
1)75歳以上の方(要健康保険証等提示)
2)生活保護受給の方(要生活保護受給証明証(原本)提出)
3)中国残留邦人等支援給付受給中の方(要中国残留邦人等支援給付本人確認証提出、写し提出)


★大腸がん検診(自己負担金額 200円)

1)対象者
  区内在住の40歳以上の方(昭和53年3月31日以前に生まれた方)


 

2)実施期間
  平成29年7月1日~平成30年2月28日(休診日を除く)
 

 

※自己負担免除対象
1)75歳以上の方(要健康保険証等提示)
2)生活保護受給の方(要生活保護受給証明証(原本)提出)
3)中国残留邦人等支援給付受給中の方(要中国残留邦人等支援給付本人確認証提出、写し提出)

 

※上記の健診・検診をご希望される方は、診療時間内にご来院ください。

~当院で受付可能ながん検診・ウイルス検診~

・胃がん検診(自己負担額1.000円)*胃の手術を受けたことがある方は受診できません。
・肺がん検診(自己負担額500円+喀痰検査実施の場合は追加500円の自己負担)
・大腸がん検診(自己負担額200円)
・前立腺がん検診(自己負担額500円)
・B型、C型肝炎ウイルス検診(無料)

*それぞれの自己負担額は受診当日にお支払いください。
*職場等において同様の検診の受診機会のある方、および当該がんの治療中又は経過観察中の方は対象となりません。
*自己負担の免除対象者:
 1)平成30年3月31日現在、75歳以上の方。
 2)生活保護受給中の方。
 3)中国残留邦人等支援給付受給中の方。

~平成29年度 健診・検診のお知らせ

~

★大田区特定健康診査(無料:但し、検診項目以外の検査又は治療を受ける場合、前立腺がん検診を同時に受診する場合、それらの部分は有料です)

 

1)対象者
(ア)特定健康診査……本年度中に40歳から74歳(一部75歳を含む)になる大田区国民健康保険の被保険者
(イ)長寿健康診査……後期高齢者医療制度における被保険者
(ウ)大田区健康診査…大田区にお住まいで、本年度中に40歳以上になる、生活保護法による被保護者
※60歳・65歳・70歳の男性の方(ただし、職域などでこの検診に相当する保健サービスを受けることができる方、前立腺がんの治療中又は経過観察中の方を除く)は、同時に前立腺がん検診も受診できます(自己負担額500円。尚、前立腺がん検診だけの受診も可能です)。

 

2)実施期間
(ア)(イ)(ウ)…平成29年6月1日~平成30年3月31日(診療時間内)

 

★B型・C型肝炎ウイルス検診(無料)

1)対象者
大田区内在住の40歳以上で、特定健診・(長寿)健診等受診表にB型・C型肝炎ウイルス検診受診可表示のある方。又は、大田区がん検診等受診番号通知書にB型・C型肝炎ウイルス検診受診可表示のある方。

 

2)実施期間
平成29年6月1日~平成30年3月31日(診療時間内)

 

★被用者保険等特定健康診査(有料)
被用者保険に加入の方の特定健康診査の受け方や申込み方法などの詳細は、各医療保険者からの「特定健康診査」に関する通知、お知らせなどをご覧になるか、各医療保険者にお問合せください。

 

1)対象者
大田区にお住まいで、本年度中に40~74歳になる、大田区の医師会と集合契約を結んだ被用者保険者の被保険者

 

2)実施期間
平成29年4月1日~平成30年3月31日(但し、被用者保険等の保険者が定めた特定健康診査受診期間内)(診療時間内)

★平成29年度大田区高齢者肺炎球菌予防接種費用助成制度(任意予防接種)

・任意接種の対象者

過去に肺炎球菌の予防接種を受けたことが無く、接種日時点で大田区に住民登録があり、平成30年3月31日現在71歳以上になる方で、定期接種の対象年齢のに該当しない方。

・自己負担金額

4,000円(生活保護や中国残留邦人自立支援給付にの受給に関わらず一律4,000円です)

・実施期間

平成30年3月31日まで

・その他

平成30年3月31日現在、66歳〜69歳になる方は定期予防接種・任意予防接種のいずれも対象外となりますので、ご注意ください。

★平成29年度高齢者用肺炎球菌ワクチンの定期予防接種

・定期接種の対象者
過去に肺炎球菌の予防接種を受けた事が無く、平成30年3月31日現在、以下のご年齢となる方

・65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方

・平成30年3月31日現在、60歳から64歳の方で心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能の障害がある方(身体障害者手帳1級相当)

・接種期間
平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

この期間を過ぎてしまうと、お送りした予診票は使えなくなりますのでご注意ください。

・接種回数
1人につき1回

・接種費用
 4,000円(生活保護等受給者は無料)

*当院は区内委託医療機関です。

*ご希望の方は診療時間内に直接ご来院くださるか、電話でお問い合わせください。

受付時間のお知らせ

平成27年6月から、午後(月・火・水・金)の診療受付は6:30までとなりました

当院ではスペイン語での診察が可能です

当院ではスペイン語での診察が可能です。
お気軽にご利用ください。
Spanish can be spoken.